サービス

【老舗大手文房具会社】株式会社パイロットコーポレーション

はじめに

国内のメーカーの数としてはそこまで多くない文房具業界です。求人数もそこまで多くなく、かなり狭き門になっています。
業界としては、少子高齢化にともない縮小傾向にありますが、日本ではなく海外での販売にシフトして業績を維持している会社が多いです。
メーカーの数が絞られている中で、合併や買収が多く、競合が協力していく流れにあります。

株式会社パイロットコーポレーションってどんなところ?

事業の主軸としては、文房具製品の製造、販売、開発をメインに行っています。年に数回新しい製品を開発し、市場に投入します。
学生向けの商品はもちろんなのですが、最近は、社会人向けの製品やBtoBの製品など開発を行っており、古い会社が多いですが新しいトレンドも取り入れてフレキシブルに対応することが求められています。

パイロットコーポレーションは、文房具の中でもボールペンに力を入れて開発をしています。ヒット商品となった「フリクションボールペン」はパイロットが開発しました。一時期話題となったドクタークリップもパイロット製の製品です。このほかにも万年筆、カラーペンなども販売しており、ダイヤリーやビジネスバックなど文具以外の製品も販売いています。

会社に対しての社員さん口コミ①

パイロットコーポレーションの社員の雰囲気やウワサ、口コミですが、古い会社なので会社の仕組みとしてはきっちりしていることが多いです。社員は自社製品に対し愛着を持っている方が多く、特に開発関係、技術関係の方は文房具がオタクが多いです。競合他社と比べると福利厚生や給料は良いようですが、同年代の人と比べると給料は少し少ないようです。

会社に対しての社員さん口コミ②

営業担当と技術担当者の社員としての待遇がかかなり違い、営業担当者は特に時間が制約されるケースが多いようです。業界全体として残業時間が少ないようですが、それが給料面に直結しているのでもっと残業をさせてほしいと思っている方が結構社内にいるようです。家族に対しての待遇が良く、保育所などがあるので子供がいる家庭は安心して仕事に打ち込めます。

会社に求められている人材とは?

会社の製品について愛着がある人が優先的に採用される傾向にあります。あとは、文房具以外の知識もある方が優遇されます。国内の需要が減少しているので、新しい斬新な製品が求められています。それを考えることができる発想力豊かな人材が求められています。
異業種からの転職者も増えてきており、自社のノウハウを生かした、全く新しい製品を開発、販売できるような技術者や営業マンが求められています。

採用の面接で特に聞く質問などありましたら教えてください

当たり前ではありますが、パイロット製の製品でどういった製品が好きなのかという質問が多いようです。あとは、学生のころどういった経験をしてきたか、社会人になってどのような経験をしたかなど、経歴については非常に細かく質問をされるようです。文具に詳しい方でなくてもパイロットのことをきちんと勉強して説明できる人が優遇されるようです。

働いている方はどのような人材がいるか教えてください

真面目な方が多いです。特に開発関係の人は、静かでまじめな印象です。営業担当者も他の会社と比べるとおとなしく、マイペースに仕事をこなす方が多いようです。会社全体で愛社精神がある社員が多く、自社の悪口をいうような人が少ない印象です。給料が少ないので、それが我慢できず転職してしまう方も多いようですが。ストレスフリーで仕事をしている人が多いです。

入社してから一人前になるにはどれくらいの期間が必要ですか?

営業と技術とで期間が違い、営業であれば1年間のサイクルを経験し2年目から本格的に仕事を任されます。技術関係は、開発案件を任されるまで時間がかかり、特に文具関係のことをあまり知らない方は数年かかるケースもあるようです。一人前のラインがわかりづらいですが、その人のもっているスキルで期間が決まるケースが多いようです。

株式会社パイロットコーポレーションまとめ

文房具業界で企業は多くありませんが、残っている老舗企業には理由があることが分かるインタビューでした。ありがとうございました。
変化を創ることに対して、いい意味で文房具のオタクである技術者や開発者の存在あり。

株式会社パイロットコーポレーション 会社概要

商号 株式会社パイロットコーポレーション
(PILOT CORPORATION)
本社所在地 〒104-8304
東京都中央区京橋二丁目6番21号
電話番号 03 (3538) 3700(代表)
創立年月日 1918年1月27日(大正7年)
設立年月日 2002年1月4日(平成14年)
資本金 2,340,728,000円
従業員数 1,021名